融資を受けるには

ビジネスローンで融資を受ける場合、保証人や担保を必要としない場合がほとんどですが、他の金融機関と同じく、審査があることが多いです。
審査の基準は会社により少しずつ異なりますが、どこでも重要視されると思われる要素は、いくつかあります。

経営状態は赤字であるよりは黒字のほうが有利ですが、赤字であっても回復する見込みがあるかどうかが重要です。
過去の実績、不正や税金の滞納がないか、負債の状況などもチェックされることが多い要素です。

過去の実績がなく、これから起業をしようとする時にビジネスローンを利用したい場合には、金融機関に事業計画書などを提出します。
その計画に基づいた資金であることが認められれば、起業のための資金の融資を受けることが出来ます。

ビジネスローンを申し込むときには、運転免許証などの本人確認書類、決算書か青色申告書、すでに事業をしている人は営業許可証、これから起業する人は事業計画書などが必要となります。
会社により必要書類が異なる場合がありますので、あらかじめ調べておくようにして、早めに用意できるようにしておきましょう。
これから起業をしようと言う人は、事業計画書をまとめておくようにしましょう。

またビジネスローンを利用する場合は、いくつかの会社を比較してみてから、どこから融資を受けるかを決めるようにしましょう。
金利や融資額、融資のスピード、返済期間などを比較してみて、無理のない利用が出来るところを決定するようにすれば良いと思います。

このページの先頭へ

イメージ画像