注意するポイント

不動産を持っているというメリットを生かして不動産担保ローンを利用するときには、いくつか頭に置いておいたほうがいいポイントがいくつかあります。

まずは不動産評価額いっぱいの融資は受けられません。
一般的に、大体評価額の6~8割くらいとなることが多いです。
また8割で融資を受けると金利は高くなってしまいますが、6割で借りると金利は低く抑えることが出来ます。

多額の資金融資を受けられるのが特徴とは言え、不動産の評価は思ったよりも低く出ることが多いので、その上で融資を受ける金額を決めましょう。

不動産担保ローンの専門業者で融資を受けるときには、事務手数料が必要となります。
この手数料は会社によって差がありますので、利用前に調べておくことが必要です。
また不動産の評価をするための調査料が必要になることがあります。

その他にも印紙代などが必要になり、総費用は思ったよりも多くかかることがありますので、注意しなければいけません。

金利はほとんどの場合、変動金利ではなく固定金利を採用していますので、チェックしておきましょう。

不動産担保ローンは長期で返済可能なことがメリットとなっているのですが、すべての会社でできるというわけではありません。
長期で返済していくことを計画しているのであれば、業者選びも必要となります。

利用するときには、リスクに注意しながら必要な額だけを借り入れるようにして、返済計画をしっかり立てておくことで、不動産を所有しているメリットを生かした借入をしたいものですね。

このページの先頭へ

イメージ画像